凹凸の家

間口が狭く、奥行が深い短冊型の敷地形状から町屋の平面を参考にし、採光と通風がとれる坪庭をテラスに見立て凹凸の平面の家です。テラスと居室はつながっており回遊型の動線計画も行っています。外観は、表通り面している為通りからの視線を遮断し、光が取り入れられる格子ルーバーを採用しています。